レーシック(視力回復手術)の手順

近年急速に普及している視力回復手術レーシック。レーシックを受けるときは事前検査、コンタクトレンズの着用中止、インフォームドコンセントの手順で行われます。

メニュー| レーシック(視力回復手術)の手順 |

レーシック(視力回復手術)の手順



レーシック(視力回復手術)の手順


>>>レーシック手術についてもっと知りたい方はこちら<<<


近年急速に普及している視力回復手術レーシック。実際にレーシック(視力回復手術)を受けるときの手順は次の通りです。


1. 事前検査


レーシック手術前には、レーシックを受けることができるのかを判断するために必ず検査を受けなければなりません。レーシックの事前検査には、視力や現状の目の状態を測る総合的な検査と全身の健康状態をチェックがあります。


2.コンタクトレンズの着用中止


コンタクトレンズの使用は、角膜表面に歪みを発生させ検査結果に大きな誤差を生じさせる可能性があります。コンタクトレンズを使用している人は目を正常な状態に戻すために、レーシック手術前の一定の日数は着用を中止しなければなりません。


3.インフォームドコンセント


検査をもとに手術を行う医師は、レーシック手術のメリットだけではなくデメリットについて、また手術の内容や手術後の視力、合併症の可能性など患者に起こりうる状況全てを適切に説明しなければなりません。場合によってはレーシックを断念することになるかも知れませんが、自身にとってレーシックが本当に必要かを判断するために医師は的確な情報公開をする義務があるのです。


以上がレーシック(視力回復手術)を受けるときの手順です。


>>>レーシック手術についてもっと知りたい方はこちら<<<



[PR]東京 不用品回収 見積り 今日 泊まれる ホテル 引越し 費用 安くする データファイル 復元ソフト アスクルパンフレット 申込み バンタン ネイル 資料請求 BOOM証券 マニュアル