狭心症の症状

狭心症は、心筋を養う冠動脈の内腔が狭くなって、心臓の筋肉に十分な血液が流れなくなる状態。狭心症の中でも心臓に負担がかかった時に発作が起こる症状を労作性狭心症と言います。

メニュー| 狭心症の症状 |

狭心症の症状



狭心症の症状


>>>狭心症の関連ブックはこちらから<<<


狭心症は、心筋を養う冠動脈の内腔が狭くなって、心臓の筋肉に十分な血液が流れなくなる状態です。心臓に必要なだけの栄養と酸素がなくなりますと、心筋は酸素と栄養不足に陥ってうまく動けなくなります。この時に、患者さんは胸が締め付けられるような痛みを感じます。これが狭心症の発作です。


狭心症は、冠動脈は狭くなっていても、閉塞しているわけではなく、少しは心臓の筋肉に栄養と酸素が供給されていますので、心臓の筋肉が壊死に陥ることはありません。これが狭心症と心筋梗塞との最大の違いです。狭心症の発作は普通長くとも15分以内に終わります。30分以上発作が継続するとくは、急性心筋梗塞を疑う必要があります。狭心症の中でも階段を上がったり、走ったり、興奮したりして、心臓に負担がかかった時に発作が起こる症状を労作性狭心症と言います。


逆に夜中に寝ているときや静かに休んでいるときに突然胸が苦しくなる症状を安静狭心症と言います。労作性狭心症は、冠動脈の動脈硬化による狭窄が原因とされます。一方、安静狭心症は冠動脈の攣縮、すなわち血管がけいれんを起こして一時的に狭くなる状態。これが発作を起こしていると考えられています。狭心症の発作が頻繁に起きる時には、急性心筋梗塞になりかかっていると予想されます。この状態を不安定狭心症と言い、大至急で循環器専門医を受診する必要があります。


>>>狭心症の関連ブックはこちらから<<<



[PR]育毛 髪再生 HSBC香港 BOOM証券 口座開設 中国工商銀行 口座開設 サポート